2020J2リーグ第1節 琉球戦妄想プレビュー

いよいよfootballのシーズンが始まります!
今季も勝手に色々と吐き散らしますよ。
今日も勝手に始めます!

2020J2リーグ第1節
フクダ電子アリーナ 2/23 14:00kickoff


ジェフユナイテッド千葉 VS FC琉球

第節終了時点

J2リーグ 位
勝点
得点
失点
得失点差
無失点試合







今季得点



今季警告(累積)/退場


いよいよJ2リーグのシーズンスタート。
今季も、楽しい時も辛い時もあると思いますが。
チーム・クラブと共に戦い、喜怒哀楽を共にする。
そういうシーズンにしたいと考えています!

もちろん目指すのは勝利とJ1昇格。
ジェフはプロのfootball clubなので、それは当たり前の事だと思います。
勝てなくてもいいや、昇格出来なくてもしょうがない。
そんな事考えている選手はいないでしょう。

我々サポやファンは。
ピッチでボール蹴る事は出来ませんし、金出してチームを編成・運営する事も出来ない。
戦術考えたり選手を指導する能力も無い。
だから私は、目一杯楽しんでチームの勝利に極めて僅かながらでも貢献したい。
楽しむ人が増える事で、クラブにも千葉にも恩恵をもたらしたい。
そう考えています。

footballとジェフは、私にとって無条件に面白くて楽しい存在なので。
今季もそれを、アホみたいに発信していこうと思っています。

小難しい事も大事でしょうが。
私みたいのがいたっていいでしょ。
すべては”楽しむ事”から始まると、私は常々感じていますよ!


今日も勝手に妄想垂れ流します!

尹晶煥監督の元シーズンを戦うジェフ。
クラブはチームの始動からここまで、かなりのレベルで情報統制してきたと思います。

沖縄キャンプ見学に行った方以外は、ほぼすべての人が”ちばぎんカップ”が今季初めてのジェフ観戦だったと思います。

私は、キャンプもユナパでの練習もまったく見ていないので。
今日書く事も本当にただの妄想なのですが。
勝手に妄想する事自体が楽しいので、このまま続けます。

私はちばぎんカップしか見れていないので。
その試合での印象を少しだけ。

”4-4-2”システムで中盤とディフェンスラインで4×4のラインを敷いて。
相手前線の選手のポジショニングとボールの位置によってその”4×4”のラインをタテヨコにスライドさせてスペースを埋めてボールを奪い。
奪ったボールを素早くタテに展開し相手ゴールに近付く。
尹監督が最初に手を着けているのは、こういうfootballだと勝手に理解しています。

まずはディフェンスから、ってスタイルだと思いますが。
ラインはそんなに深くはしない。
出来るだけ高いポジションでボールを奪いたい。
あくまでも奪ったボールを素早くタテに展開する事を念頭に置いた守り方なのかなと。
私は勝手に思っています。

そういう意味では、エスナイデルさんの”ハイプレス・ハイライン”と。
基本的な考え方は、そう違わないのかなと。
もちろんやり方は違いますが。

ちばぎんカップの対戦相手柏は。
自分達で主導権を握る事を考えているけれど、基本はカウンターとタテに速い攻撃を意図するチーム。
戦い方の相性とチームの成熟度の違いって点はあったと思いますが。
柏戦で感じた事をストレートに書いてみます。

4×4のラインコントロール。
ちばぎんカップの時点では、連携含めまだまだって感じでした。
その”まだまだ”な部分は除いて語ります。

昨季まではジェフのストロングポイントだった”サイドでの攻防”。
SBとSHの役割分担と、それぞれお互いにどうカバー・フォローするのか。
この辺が、まだまだはっきりしていなかった事と。
その”サイド”とボランチの関わり方。
これが、試合を見ていて気になりました。

左はSB安田とSH堀米・右はSB米倉とSH田坂の組み合わせ。
堀米と米倉はわりと”攻撃特化型”で、安田と田坂はバランス取ったりディフェンスにも気が利くタイプ。
田坂はさすがのバランス感覚だと感じましたが、出来ればそれはサイドではなく中央で発揮してほしい。
安田はなんだか控え目で、堀米も米倉も自分の”特徴”に特化出来ていない。
そういう印象でした。

ボランチコンビの熊谷と田口。
どちらも技術に秀でて、ゴールに向かうプレーが出来る選手。
熊谷はエスナイデル体制でのボールに食い気付き過ぎる癖が見えたし。
田口はバランスその他気にし過ぎている印象。
左右のサイドのコンビがいまいち連携出来ていない中で。
どうサイドと絡むか、そこがはっきりと見えなかった。

ディフェンスからチームを作っている印象ですが。
4×4のラインがべったりと引いて守る訳ではない。

あくまでも奪ったボールをタテに速く展開する事を考えていると思うので。
いわゆる”ベタ引きタテポン”ではないんだと思います。

ただそう考えるならば。
4×4の前の2トップのプレス・ディフェンスが重要になって来ます。

相手のプレーの選択肢を制限するプレス。
パスコースを限定するポジショニング。
あくまでも”ベタ引き”ではないのだから、ここが重要になってくると感じます。

2トップの船山とクレーベ。
二人の相性はとてもよいと感じますが。
船山は以前の深井と同じで、走れる分無駄に動いてしまう傾向があり。
クレーベは頑張って走ってくれていますが、組織で連携したプレスは得意ではない。
オルンガにやられた最初の失点がそうでしたが。
ジェフの中盤から後ろが、相手にスペースを与えない守り方をしている時に。
相手の中盤から後方のポジションから自由に裏のスペースを狙われたら、対処するのがとても難しい。

ちばぎんカップでは、柏のシュートを一桁に抑えられた。
これはよい結果であるけれど。
試合開始早々に先制した柏が、本来の”カウンター特化型”になった事も大きな要因と感じます。
それでも、ある程度ディフェンスの形は作れたと思いますが。
ジェフもシュート一桁でした。

相手にスペースを与えず、自由を与えない。
それは、チームとしてある程度出来てきているのだと思いますが。
奪ったボールを相手ゴール前に素早く運ぶ、っていう事に関しては。
ちばぎんカップの時点では、まだまだ見えませんでした。

ちばぎんカップでは、エスナイデル体制で一番の”タテに仕掛けられる”選手だった為田が、途中出場ながら負傷交代。
開幕からしばらくはプレー出来ないみたいです。

”よい攻撃”の為の”よい守り”、これをチームで構築している段階だと思いますが。
試合に勝つ為には、絶対にゴールが必要です。
2トップからのプレスを含めて、前線の選手をどう組み合わせるか。
ここも、大きなポイントと感じています。

ちばぎんカップの試合後にも呟きましたが。
柏戦では、あの時点で戦術を理解出来ていてコンディションのよい選手を選んだと感じているので。
J2リーグの開幕戦では、多分メンバーの入れ替えがあると妄想しています。

柏戦では、若い選手の抜擢はCBのチャン・ミンギュくらいでしたが。
メンバーの入れ替えがあると思っています。

昨季絶対的な存在だったクレーベと船山のコンビを継続するのか。
山下や見木の台頭があるのか。
はたまた寿人や川又といったベテランがポジションを奪うのか。

本田功輝や岡野や壱晟といった若い選手がチームを変えていくのか。
鳥海や小島や矢田やアランといった中堅選手がチームを牽引していくのか。
下平や浩平や田坂や増嶋といったベテランがチームを引き締めるのか。
昨季までの主力選手が引き続きチームを引っ張るのか、新しいメンツがチームを変えていくのか。

尹監督がどんな事を考えているのかは分かりませんが。
私は、よい意味での競争が激しくなって。
常に最高の状態の選手がピッチに立ち勝利を目指す。
そういうチームを期待しています。

超勝手な希望を言えば。
中堅世代の選手がチームの”背骨”になり。
若い選手が暴れて、ベテランが要所を締める。
すげーアバウトな表現ですが、そういうチームを期待しています。

リーグ初戦の対戦相手は琉球。
昨季はホームで1-0/アウェイで2-0と勝つ事が出来ましたが、どちらの試合も厳しい内容だった記憶があります。

全員が運動量を落とさず走り最前線からプレスを掛け、攻撃時には後ろの選手がどんどん前を追い越して出てくる。
そんな印象があります。

樋口監督が今季も指揮を取り、選手の出入りはあったでしょうが今季も攻撃的なチームを作ってきていると妄想しています。

昨季の試合では、ディフェンスの隙を突いてゴールを奪い勝つ事が出来ました。
フクアリでの今季初戦では、相手のスペースを埋め・消して如何に相手の自由を奪うか。
どのポジション・ラインでボールを奪えるか、奪ったボールを如何にして琉球ゴール前まで運べるか。
ジェフ側から見ると、この辺が勝利へのポイントになるかなと妄想しています。

今日の妄想フォーメーションです!

はっきり言って、誰が出そうだとかすらまったく分かりません。
こんなチーム見てみたいなって希望です。

FWは、今季もクレーベと船山が軸になるのかなと思いますが。
前線からのプレス等考えると、川又の出場機会は多くなりそうだと妄想。
私は山下に期待しているのですが、過密日程や夏場を考えるとアランにも昨季以上に奮闘してもらいたいとこです。

中盤は、才能ある選手が多く在籍していますが。
フラットな4-4-2だと、特性を発揮しずらい選手もけっこういる印象。
まずはボランチコンビを固定し、チームの真ん中を安定させてほしいです。
田坂は真ん中で使ってほしいですが、熊谷と田口のコンビには期待していますし。
小島や壱晟もポジション争いに絡んでほしいです。

重要なサイドのポジション。
左右どちらも、攻撃型の選手とバランス型の選手を組み合わせてくると妄想。
右は攻撃型の米倉(SB)をバランス型の田坂(矢田)のSHと組ませ、左は攻撃型の見木(功輝・堀米)をSHにしてバランス型の下平(安田)のベテランSBと組ませる。
こんな組み合わせを勝手に期待しています、

為田は怪我でしばらくプレー出来ませんが、見木や功輝にとっては大きなチャンスでもあります。
サイドからの仕掛けは、クレーベや川又といったアタッカーを活かす為にも重要ですが、そこがディフェンスの穴や隙になってもいけない。
サイドの連携は、早い熟成が期待されますね。

CBは一耀が軸になるのかなと妄想。
岡野・鳥海・ミンギュがもう一枠を争う展開と妄想。
CBは攻撃の起点・第一歩になる事を求められていると思うので、チームを後ろからコントロール出来るコンビになってほしいです。

GKは、けっこうなハイレベルの争いだと思います。
新井・優也・椋大の内一人はベンチにも入れない。
川崎での実績と、チームをコントロールするメンタルの強さを感じたので。
私は新井と妄想しました。

今季の尹ジェフに、楽観的な見方・悲観的な見方どちらも見掛けます。
私は毎年ジェフの勝利と昇格を信じて(願って)、チームを応援しています。

ここまで名前を出さなかった選手も含めて、チーム全員がポジションを争って日々の練習から真摯に取り組めば。
私は、毎年の事ですが、今年は勝てるよ!とか昇格目指すぞ!って感じています。

私には、楽しむ事と応援する事と少しばかりお金を使う事くらいしか出来ないので。
今年もそれを全力でやっていきたいと思います!
お金はほんの少しだけしか落とせませんが。

まずは自分が最大限楽しんで。
フクアリが盛り上がってジェフが盛り上がって、それが千葉の盛り上がりにつながって。
ジェフがもっともっと地域に浸透して、クラブの掲げる「JEF UNITED LIFE」をより感じられる千葉に。
そんな事を考えながら、今年もちまちまやっていきます。

日曜日はフクアリに参戦します!
一昨年一度途切れてしまった”フクアリ皆勤賞”を継続出来る様に頑張ります!

今年もビール飲みながらって試合が多いと思いますが。
声援と手拍子とよいプレーへの拍手、これは出来るかぎりやっていきます。

久し振りにブログ書いたので、今まで以上に話が飛び飛びの散漫な感じになってしまいました。
今季もなんとか更新していける様に努力します。
またお相手いただけたらうれしいです。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

HP作りました。
選手の出場時間等はこちらにまとめてあります。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

人気ブログランキングに登録しています。
ぜひポチッとご協力お願いします!

https://blog.with2.net/link/?1400439

※バナーが貼れなくなってしまったのですが、以前と同じランキングです。

今日の一言
「リーグ初戦ですが、選手とスタジアムが一体になって勝利を目指しましょう!」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中