2019J2リーグ第6節 福岡戦妄想プレビュー #jefunited

江尻ジェフ初のアウェーゲームは福岡。
初勝利を目指し戦うジェフ。
今日も勝手に妄想します!




2019J2リーグ第6節
東平尾公園博多の森陸上競技場 3/30 13:00kickoff


ジェフユナイテッド千葉 VS アビスパ福岡



第5節終了時点
J2リーグ 22位
勝ち点 3
得点 5
失点 11
得失点差 -6
完封試合 1


勝ち
分け①②③
負け①②


今季得点

増島 達也①
クレーベ①
船山 貴之①
為田 大貴①
新井 一耀①


今季警告(累積)/退場

堀米 勇輝 退場①
下平 匠 警告③
クレーベ 警告②
アラン・ピニェイロ 警告①
エベルト 警告①
ゲリア 警告①
田坂 祐介 警告①




監督交代という劇薬を処方したジェフ。
この試合は新たにジェフを率いる江尻さん2試合目の実戦で。
初のアウェーゲームでもあります。


江尻さんとしては。
エスナイデルさんの作ってきたチームの”ベース”を引き継ぎながら。
自分の色を加えて、チームを一段レベルアップさせる事。
これを強く意識しながら、早急に結果を出す事。
そんな難しいミッションを課されていると思います。

今のジェフにとって。
今週末の試合に勝つ事と、シーズン最後に結果を残す事。
その為の準備は、必ずしも一致しない面も多い。
私は、そう思っています。
なぜならば、江尻さんはシーズン途中からの監督就任だからです。

シーズン始まる前の、選手の補強等考える時期から監督であったならば。
週末の試合に勝つ事とシーズン最後に結果を出す事。
その為の準備は、そんなに違わないと思いますが。
江尻さんにとっては、そこが大きなハンデだと思います。
もちろん江尻さんが悪い訳ではないですが。

チームの”ベース”を、ある程度でも作れているならば。
その”ベース”があった上で、今週末どう対策し戦うか。
そう考えられると思いますが。
シーズン始まって、毎週末試合がある状況で。
一部”ベース”を作り直そうとしている現状では。
こう戦っていくチームを作ろうとしているけれど、まだこれは出来ない。
でも勝つ為には、そこをどうカバーし準備するか。
今出来る事で、どう対策し戦うか。
これを考えないといけない。


江尻さんは、そんな難しい役割を自ら背負ってる。
私は、監督引き受けてくれた江尻さんに本当に感謝しています。

ジェフを率いれば、常に結果(勝利・昇格)を求められる。
ただ、今の江尻さんがやらなければいけない事は。
目の前の試合に勝つ事だけではなく。
シーズン戦い抜いて結果を出す事。

評論家や戦術家が言う程、簡単な事ではないと。
私は、率直に思います。

ただ、京都戦を見る限りでは。
よい意味での”変化”が多かった。
出来ていない事を見るよりも、出来ている事を伸ばす事。
長所を伸ばす事優先で、短所は少しずつ改善出来れば。
私は、そう考えているので。
万が一目先の結果を得られなくても、江尻ジェフを支え後押しするのみです!



ドカンと勝って、その流れで最後まで上手い事いってくれれば。
もちろんそれが最高ですが。
そんなに簡単なもんじゃないと、江尻さん自身が考えていると思います。

私も、毎試合一喜一憂しながら。
チームの着実な進歩・成長を期待しています。

どんな時でも、俺が付いている。
勝利の為に総て懸けて戦え。
私は、いつでもそう思っていますよ!



今日も勝手に妄想撒き散らします!




前節京都戦。
江尻ジェフ初戦は、”3バック”の”3-4-3”システムでした。



これを予想した人は、多分ほとんどいなかったと思います。

この”3-4-3”は、江尻さんの修正だったのか。
同じシステムの京都対策だったのか。

私は、どちらの意味もあるのかなと思っています。


今季監督交代までのジェフは”4バック”で戦い。
攻撃時には、左右のSBが同時に高いポジションをとる場面が多く。
被カウンター時に、そのサイドのスペースを狙われて。
CBやGKが引き出されてあっさり失点、という展開が多かった。

CB3枚+両WBの5枚で守る事で。
サイドの手薄なスペースを埋める事。
江尻さんはこれをまず考えたのかなと。


京都戦に関しては。

前半は、守備に関しては。
サイドのスペースから崩されたり、サイドの裏をとられる事はほぼ無かった。
ただ逆に、両WBのポジションが低く設定されていた事で。
攻撃に移る時、前のWGが孤立する場面も多く。
両WGが攻守両面でカバー・担当するエリアが広大で。
攻撃の形がなかなか作れなかったのが要因の一つでした。

後半は、ゴールを奪い勝利する為に。
”ハイプレス・ハイライン”で、全体で前に出て。
58分のクレーベ→アランの交代以降が顕著でしたが。
プレスのスイッチが明確になった事で、相手を押し込み。
全体が前に出る事でWBのポジションも高くなり。
特に田坂が中のエリアにポジションとったりで。
中からも仕掛け、サイドでも優位な形で崩す事も出来る様になった。
ただ、これもまた逆に。
”ハイライン”の後ろ、WBの空けたサイド深いエリアを京都に狙われ。
優也と3枚のCBの奮闘で失点は免れたものの。
いくつか危ない局面も作られました。


CB3枚と両WBで”5バック”気味に構えれば。
後方からパスでボールを動かし攻撃を仕掛けてくる京都の様な相手に対しても。
ある程度はきっちりと守る事が出来る。
ただ前線の負担は増し、攻撃に手数を掛けられなくなる。

”ハイプレス・ハイライン”で全体で前に圧を掛けて。
攻撃的なポジションをとれば。
中からも外からも攻撃の形を作れる様になってきた。
ただ、”ハイライン”の後ろのスペースを狙われる。

これは、今季のジェフに限った話ではなく。
引いてブロック作って構えていれば、そうそう簡単には失点しないけれど。
ゴールを奪う為に前に出れば、当然手薄の裏のスペースを狙われる。
何処のクラブだって同じ事だと思います。

だからこそJ2リーグでは。
引いて構えてカウンターを狙うクラブが多いんだと思います。
失点のリスクを減らす事が、得点を奪う事よりも優先される。
シュート1本しか打てなくても。
それで勝てれば、最低限引き分ければOK。
最近はそうでないクラブも増えたとは思いますが。


では、江尻ジェフはどうか。
江尻さんは、そういうfootballは選ばないと思います。
エスナイデルさんのfootballを継続する、と言っていますし。
チームの目指す方向を180°変える様な事は選ばないだろうと。
私は、勝手に思っています。

江尻ジェフがまず目指す事は。
戦い方・ポジションのとり方にメリハリを付け。
チーム全体でポジションを前後させ、チームで意識を統一する事。
ゴールを奪う為に前に出る展開では。
ミスを出来るだけ減らして、確実にゴールを奪う事。
私は、まずこの辺を徹底する事かなと勝手に妄想しています。

私が常々”短所よりも長所云々”と言うのは。
チームのベースを継続し、一部修正していくのであれば。
短所の修正よりも、長所を伸ばす事を優先した方が。
選手も理解しやすいし、意識・意図を合わせるのもスムーズかなと。
そう考えているからです。

もちろん”短所”を放置していい訳ではありませんが。
”長所”を更に伸ばす事を優先し、”短所”の修正は少しずつじっくりと。
それが今のジェフには合っているのではないかと。
勝手に一人妄想しています。

監督が変わって、footballもまったく変えるっていうのであれば。
また考え方は違うと思いますが。
江尻さんはエスナイデルさんのfootballを継続すると言っているので。



ここまで、”3バック”の”3-4-3”で戦った京都戦の事を書いてきましたが。
ディフェンスラインの枚数が”3”でも”4”でも。
基本的な考え方は同じだと思います。

京都戦の”3-4-3”でも。
守備に重心を置けばゴールが遠く。
攻撃に重心を置けば裏のスペースを狙われる。
ディフェンスラインの枚数ではなく。
チームでどう戦うかって事であって。
どのシステムが有利でとか、そういう話ではないと思います。

京都戦では。
相手と同じシステムで、マークする相手と役割をはっきりさせる。
これも、江尻さんの狙いだったと思っているので。
あくまでも、今自分達に足りない部分を補強し。
その上で相手の対策をして、勝利を目指す事。
江尻さんは、これを考えているので。
京都戦では”3-4-3”だったのかなと、勝手に妄想しています。


今後も”3バック”を継続するのか。
”4”バックに戻すのか、それぞれを併用していくのか。

そんな事本人に聞かなきゃ分かりませんが。
私は、いくつかのシステムを併用していくと妄想しています。

どんなシステムに一長一短あります。
これが100%正解なんてのは、試合が始まる前にはないと思っています。
試合が終わった後に語る事は出来ると思いますが。

その時のチームの状況を見て。
(戦術理解度や実践能力等だけではなく、コンディションや怪我人等含めて。)
相手の戦術やシステムを見て。
勝利する為には何が必要かを考え。
自らのシステムを選択していくのであろうと思っています。

もちろんこれは試合前の話だけではなく。
試合の展開によって、試合中にも変更の判断をする事もあると思います。
例えば、どうしてもゴールが必要な時と絶対に失点したくない時とでは。
選択するポジションやプレーは違いますから。

エスナイデルさんと戦った過去2シーズンも。
いくつかのシステムを併用していましたし。
選手達は、それをこなせるだけの能力があると思っています。
システム・フォーメーション図って。
結局は選手の初期配置を絵にしただけの事で。
ピッチ上でどんな戦術・プレーを選択し実行するか。
そちらが大事なんだなと、長い事football見てきて学びました。

難しい戦術理論等は語るだけの知恵も知識も無いので。
この話は、この辺でおしまいにします。




ここから少しだけ福岡戦の話を。


福岡は前節アウェーで新潟に1 - 0で勝利。
今季初勝利を挙げ、ジェフは順位を抜かれてしまいました。
システムは”4-1-4-1”だったみたいです。



アウェーゲームで今季初勝利を狙うジェフ。
この試合を如何に戦うか。

ポイントは、怪我で欠場する選手が多い中で。
誰がピッチに立ち、誰が勝利に導く活躍をするか。
ここだと私は思います。


前節、矢田が怪我から復帰し途中交代ながらプレー。
特に後半、とてもよいプレーを見せてくれました。

まだベラスケス・茶島・ゲリア・熊谷が欠場中で。
前節京都戦では、小島とクレーベが負傷交代。
試合終了直前に、船山も足を蹴られ負傷。
なかなか厳しい状況です。

ただ、怪我で出場出来ない選手がいるという事は。
出場機会の限られた、もしくはここまで無い選手が。
そのポジションで代わりに出場出来るという事です。

チームは厳しい状況ですが。
この状況を自らのチャンスに出来る選手が出てくるか。
ここが注目ポイントですし、私は期待しています。



福岡は”4-1-4-1”と考えると。
江尻さんはどんなシステム・フォーメーションを選択するか。

福岡はディフェンス時に。
おそらく”4-5-1”か、アンカーが降りて”5-4-1”か。
いずれにしろブロックを組んで、厳しく守ってくると思います。
前節京都戦同様の”3-4-3”か、それとも”4バック”か。

まったく分からないので。
”3バック”と”4バック”、それぞれ妄想してみました。



妄想フォーメーション、まずは”3-4-3”です。
”3-4-3”で戦うならば、前節京都戦と基本同じかなと。

CFはアラン、寿人はピッチに立つならば先発ではなく途中出場と妄想。
船山欠場だと、前に攻守を考えて走れる選手がほしいので。
堀米の所は浩平かも、というか浩平に期待しています。

下平は、最近為田との連携がちょっと合っていない印象もあるので。
乾先発もあるかなと思っています。

浩平と乾は、前節ベンチから外れていますが。
どんなプレーが出来るのか、江尻さんはよく分かっていると思うので。
私は期待しています!



妄想フォーメーション、次は”4バック”です
”4バック”ならば、今季キャンプから取り組んでいた”4-2-3-1”と妄想。

”4-3-3”ではなく”4-2-3-1”と妄想したのは。
熊谷が欠場中なだけではなく。
小島と茶島と船山も欠場中なので、試合中のやりくりも厳しくなるからです。
アンカー候補は勇人くらいですし。
2枚のインサイドハーフと両WGと考えると、現状選手が足りない。
熊谷・茶島・小島の中盤の3人+船山が欠場って。
なかなか厳しい状況です。
矢田の復帰と勇人と浩平が健在な事が、本当に救いですね。

フォーメーション図に書くの忘れたんですが。
真希右SBで田坂が勇人の所ってのもあるかもしれません。
福岡戦の後は中3日で琉球戦ですから。
選手のコンディションを考慮する必要もありますね。

”トップ下”置くこのシステムならば。
寿人1トップ浩平トップ下、これも期待しています!



システムの組み合わせとしては。
ディフェンス面で考えると。
”3-4-3”の方がマークと役割を整理しやすい気がしますが。
ボールを動かしゴールを奪う事を考えると。
”4-2-3-1”の方が、ボールのあるエリアに枚数を掛けられる気がします。
中・外と使い分けるのも”4-2-3-1”の方がやりやすいのかなと。

いずれにしても、怪我で欠場中の選手の穴を埋め。
埋めるどころかポジション奪っちゃうくらいのプレーを期待しています。

それと、福岡戦からは中3日・中3日の3連戦になります。
アウェー・ホーム・アウェーと、アウェー2試合の3連戦。
琉球戦とその次の金沢戦には、復帰出来る選手がいるかもしれませんが。
今の怪我の状況を考えると。
コンディションを優先的に考える必要もあると思います。




ここまで乏しい知識で色々と語ってきたら。
頭がすげー疲れました。
知恵熱出しちゃうので、そろそろおしまいにします。



現状J2で勝利が無いのはジェフだけ。
それで現在最下位の22位。

チームに焦りは無いと思いますが。
とにかく”勝つ”事にこだわった試合をしてほしいです。

一つ勝つ事で、メンタルその他色々変わるものもある。
”勝利”だけを目指して戦ってほしいです。

ただ、失点を減らす事ばかり考えないで。
如何に相手よりも多くゴールを奪うか。
ここを強く意識してほしいです。


今季はたった4試合で監督を代えるという。
なかなか厳しいスタートになってしまいましたが。
この状況を変える力が、チームとクラブにはある。
私はそう確信しています。

焦る必要はないですが。
とにかく勝つ事に集中してほしいです。
相手よりも多くのゴールを奪う事に集中してほしいです。
そんな試合を期待しています。

私はどんな時でも応援していますよ!
福岡戦はDAZNで、琉球戦は仕事抜けてフクアリで。
チームの背中を押します!

一丸となって、勝利を目指しましょう!



今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

HP作りました。

選手の出場時間等はこちらにまとめてあります。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッとご協力お願いします!


ジェフユナイテッド千葉ランキング

今日の一言「最初の勝利は格別と思います!一丸となって手にしましょう!」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中